HAPPY SURF CLUB

STOKED

サーフィン(おもに初心者向け)、食事、健康、考えごとを綴るブログです

ウェットスーツの下にインナーを履くのをやめて自由を手に入れた

f:id:SEAWEED:20171020214452j:plain

サーフィンを始めて以来、ずっと履いてたんですけど、やめました。

正直、最初は着るのが当たり前だと思っていたんですね。

 

ですがサーファー友達でも履く派と履かない派は五分五分で、履く派所属の新人だった私は「よろしい、ならばノーインナーだ」と思い立ち決意ました。

 

※ちなみに女性サーファーはほぼ100%ウェットの下に水着を着てると思います。わざわざ聞いたことはないけど。

 

サーフィン用のインナー

こんなやつです。

www.amazon.co.jp

 

つるっつるのボクサーパンツみたいな感じですね。

履いた感じも違和感ないし、ウェットの中でモタつくわけでもなく、何の不満も疑問もありませんでした。

 

 

 

履かないことに決めたきっかけ

先日サーフトリップに行った時に、友人に言われたんですよ。

 

 

履く意味がわからない、と。

 

ウェットなんて海に入れば毎回洗うのにいちいち気にするなよ、と。

 

 

 

そう言われればそうだ。

 

そもそも「なんとなくノーパンはちょっと」という、なんとなくな理由でなんとなく履いていた。それこそ恥ずべき思考停止なんじゃないか?と自省しまして。

 

 

 

履かないことに決めました。

 

 

インナーを脱ぎ捨てて得られたもの

自由でした。

 

着替えが楽ちん

もうバスタオルを巻いてパンツを脱いだらそのままウェットをざざっと着ていいんです。

 

脱ぐ時もバスタオルを巻いたらざざっとウェットを脱いじゃっていいんです。

 

ざざっとって書きましたけど、濡れたウェットはけっこう脱ぎにくくて、手間取ってる間にバスタオルが落ちそうとか、誰も得をしない事案が発生しかけたこともあります。

 

 

洗い物が1つ減る

これは地味に大きいですよ。

 

サーフィンした後って、ウェットスーツ、濡れたバスタオル、リーシュ、最低でもこの3つは洗って干さないといけません。冬になればグローブとブーツも加わります。

そんな中、黒いパンツ一丁が減るだけでも有り難いってものです。

 

なんだかんだで動きやすい

インナー着てても違和感ないって言いました。

それに嘘はないです。

 

ただ、脱いでみてわかりました。

 

もっと自由でした。

脚周りの布が1枚減っただけで、こんなに違うものかと感動すら覚えました。

 

まとめ

サーフィン用インナーはいいアイテムですが脱ぐことで自由になれます。

・ウェットを着るのが楽ちん

・ウェットを脱ぐ時に事案が発生しかけるも楽ちん

・洗い物が1つ減る

・動きやすい

 

インナーはウェットの下でなくても、ボードショーツの下に履きますから持ってて損はないです。

ただ、ウェットの下から脱ぎ捨てると幾ばくかの自由が手に入ります、というハナシでした。