HAPPY SURF CLUB

SURF!SURF!SURF!

サーフィン(おもに初心者向け)、食事、健康、考えごとを綴るブログです

フットサルをして、自分を楽しませるのは自分だと思い出した

こんにちは。

 

フットサルをしました。

 

僕は週末サーファーなのですが、あいにく海のコンディションがいまいちなので、そんな時はフットサルをします。

 

 

ですがどうもテンションが上がらない。仕事でちょっとストレスを抱え込んでたり、同じチームになった人がそりゃねえわというミスを同じように連発してくれたり、同じチームになった人がやたら球離れの悪いドリブル野郎だったり。

 

低空飛行でスタートしたフットサル、すでにテンションは水面すれすれでした。

 

 

あーこれ帰った方がマシじゃないかなと思ってた矢先。

 

 

ドリブル野郎「体調悪いんすか?いつもの元気がないと思って」

 

 

あ。

 

 

最初ね、心の中で「いや3割はあんただよ」なんて思ったんです。

 

 

でもね、俺でした。

拗ねちゃってたんです。思い通りにいかないから。

子供かよって思ってたら恥ずかしくなって、その次になぜか笑えてしまって。

 

ドリブル野郎に答えてました。

 

「さーせんさーせん、今から元気です!」って。

 

 

とりあえず味方のちょっとだけいいプレーに手を叩きました。

 

 

次はもう勝手に声が出ちゃうんですよね。

 

 

そこから先はもう、いつも通りです。

うるさいくらいにいつも通りでした。不思議ですよね。

 

 

急に声が出るし、頭の中で「あの人はドリブル多いから軸に使って残りメンバーでボールをはたこう」って考えて実際に捌いたり。

 

 

急に楽しくなりました。

2時間のフットサルタイム、もう終わりかよって思いました。

 

 

 

とりとめもないハナシですみません。

 

 

 

自分を楽しませるのは自分だよなぁっていう、当たり前のハナシでした。