HAPPY SURF CLUB

SURF!SURF!SURF!

サーフィン(おもに初心者向け)、食事、健康、考えごとを綴るブログです

HappyにSurfingを楽しむコツを3つ伝えたい

こんにちは。

 

ぼくはサーフィンをする時に常に心掛けていることがあります。

 

Happyであること。

 

これは何もサーフィンに限った話ではないのですが、せっかく海に入って真っさらな気持ちになっているのだから、楽しい方がいいですよね。

 

海からあがって着替え終わってふっと一息ついた時、自然と心地よい疲労感に包まれるようなゆるーいサーフィンを割と真剣に追求しています。

 

 

そんなぼくから、ちょっとしたコツをお伝え出来ればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

①混雑したポイントはスルー

楽しいサーフィンなのですが、ついイライラとしてしまうことがあります。それらはほとんどとの間に起こるものです。前乗りをしてしまった/されてしまった、怒鳴られた、なんかイライラしてる人がいるetc…。

 

なので、人の多いところには行かない。まずはこれです。

 

サーファーさんは波情報をチェックして点数の高いポイントに集まりますよね。

でも敢えて、一番人気はスルーです。

波情報の点数なんて、チェックした人の主観が入りまくりですからね。

食べログの点数ほどの信憑性くらいに思っていればOKです。

 

波情報ではうねりの向き&大きさ、風向き、人数がわかればそれで十分ですよ。

 

あとは自分を信じて海に向かうのみです。

 

②2番手のピークで波待ち

ここでも2番手戦略です。

別にぼくは人嫌いでもなければ、完全ソロ活動でもないのですが、ピリピリとした空気が苦手です。

 

1つのポイントに行くと大抵は何箇所かで波は割れていますが、人気が集中するピークは敢えて避けてみる。

そういう場合は往々にして波が1サイズ小さかったりするのですが、小さい波をじっくり味わうように乗るとまた違ったサーフィンが見えてくることもありますよ。

 

そして何よりたくさんの波に乗れます。

 

不思議なもので、小さい波でも乗って戻ってを間髪入れずに繰り返していると、段々とアドレナリンが出てきてもう夢中です。小波LOVE。

 

ごゆるりと、とはちょっと違うかもしれませんがこれもまた楽しいのです。

 

 

 

③浮力の余裕は心の余裕

いわゆる適正浮力のボードで波を取り合っていませんか?

競技という側面がある以上、それもサーフィンの姿なのですが、真剣に波を取り合うがゆえについピリピリしてしまいますよね。

 

そこで過浮力気味のボードですよ。

なんならスポンジボード。キャッチサーフとか最高にかっこいいですよね。

 

キャッチサーフについては今度記事にしてみたいと思います。

言うの2回目だけど最高にかっこいいスポンジボードです。

 

 

 

 おわりに

以上、いかがだったでしょうか。

 

せっかくの楽しいサーフィン、笑顔で始まり笑顔で終わりたいですね。

 

これからもサーフィンだけに限らず、日常のあれこれをお伝えしていければと思います。

 

では。